葬儀の費用に不安があるなら互助会を活用しよう!

ロウソク

指定制度のある自治体です

葬儀

常識的なマナーが必要です

人生の最期を見守るために考案された葬儀は、長年に亘って培われてきた伝統に基づく儀式です。したがって、時代の流行に合わせた変化を取り入れながらも、一定のルールやマナーが常識として定着しています。一方で、日本は全国各地で特有の風習を残している地域が少なくありませんから、通例と異なる葬儀を行う可能性は存在します。しかし、大阪東部の寝屋川市は常識的な知識を備えていれば、十分な土地柄です。葬儀に参列するためのマナーの基本は、開始の定刻に遅れないことと参列途中で退席しないことです。仏式や神式、キリスト教式等の宗教に応じてルールは違って当然ですが、これらは共通している点です。通常、遺族に挨拶をする時間を確保するために定刻より早く訪れて、済ませた後は着席して静かに待ちます。また、帰宅する止むを得ない事情がある場合、焼香を終えていれば許容されることが一般的です。成人は黒のスーツ等の相応しい服装を所有すていることが多いですが、子供はなくても珍しくありません。しかし、正式な礼服を揃える必要はありません。学校指定の制服がある場合、礼服として扱われます。一方、制服がなければ、黒系統の地味な服装で対応できます。必要になる費用は、葬儀の内容や業者等で変わります。ただし、寝屋川市は、規格と料金を設定する制度を設けています。その内容に沿っていると、寝屋川市が指定業者に認定しています。料金体系が明確なので、寝屋川市で安心した葬儀を行いたい際に便利です。