葬儀の費用に不安があるなら互助会を活用しよう!

お葬式

身内のみで葬儀を行う場合

数珠

家族葬は身内のみで行う葬儀スタイルで、門真市ではこれを行う人たちも多いです。家族葬は基本的に少人数スタイルとなりますが、一般的な葬儀の流れは大体同じです。しかし、料金や祭壇などのサービスに違いが出てくるため、あらかじめ調べておくと安心して依頼ができます。

無理なく費用を積み立て

ろうそくと線香

互助会のメリット

平成28年の調査によれば、福岡県で葬儀にかかった費用は平均166万円で、そのうち飲食接待費が約20万円、寺院関係の費用が約29万円となっています。都市化の進んでいる福岡県では、単身世帯や葬儀にお金をかけたくない世帯が多いせいか、全国平均の196万円よりも低い数字となっています。とはいえ一度に多額の出費が必要なことには変わりありません。福岡で葬儀費用を無理なく積み立てるには、葬儀社の互助会に入会するのもひとつの方法です。多くの互助会は5〜10年以上の長期にわたって加入し、毎月少しずつ費用を積み立てて、葬儀の際に利用する仕組みになっています。貯金が苦手な方でも、自然に費用が貯まっていくというメリットがあります。また満期を迎えた後、その葬儀社で葬式を行えば、通常より大幅な割引を受けることができます。遺された家族に負担をかけたくない方が、生前から準備しておくために効果的です。互助会に加入するなら、信頼できる葬儀社かどうかを見極めることが大切です。解約の際にトラブルになったり、会社が倒産してしまったりすると大変なので、過去の実績を調べておきましょう。福岡には大小さまざまな葬儀社があり、独自にプランや料金を設定しています。必ずしも相場にこだわる必要はありませんが、自分の葬式をどういう形にしたいのか、あらかじめイメージしておくことは重要です。生前でも気になることがあれば、 気軽に相談してみると良いでしょう。

指定制度のある自治体です

葬儀

葬儀への参列は、宗教に関係なく定刻前に着席して途中退席しないことが基本的なルールです。子供の服装は、黒系統の地味な服装をしていればマナーに反しません。寝屋川は内容や費用を規定して、業者を指定する認定制度を設けている自治体です。

どの業者を選ぶか

線香と花

荒本で葬儀会社を選ぶ時、対応の仕方や、希望を聞いてくれるかどうか、疑問に答えてくれるかどうかで業者を選びましょう。業者の規模の大きさではなく、葬儀内容や、予算をみて業者を判断するべきです。まずは資料を請求してみましょう。